派遣介護士の働き方、介護士の転職を考える

介護のミソラ

介護士の働き方

介護職の「経験あり」って具体的に何ができればいいの?

介護の経験とは

この記事でわかること

  • 介護の「経験」には何が含まれるか
  • 働いた日数は経験に関係ある?
  • 結局、何ができれば「経験あり」と名乗れるか

 

 

みそら
みなさんこんにちは!介護士のあかすです。

介護職の求人を探しているときに、「経験者のみ」「未経験可能」なんて書かれていることってありますよね。

私も介護派遣の仕事をしている中で、次に働く場所を探して求人を見ているときによく見かけたものです。

でも、介護職を始めたばかりの人や、未経験の施設や病院を探している人にとっては、

自分が経験者として応募していいものなのか、わからない・・・

なんて人もいるのでは?と思い、介護職の経験とは何ができればいいのか、情報を整理してみました。

 

みそら
介護派遣や、転職で求人を探している方は参考にしてみてくださいね!

 

 

介護の「経験」にはどんな業務がある?

介護の「経験」と言っても、施設によってちょっと業務内容は変わります。

ですので、一般的に言われる「経験」と、いくつかの施設において求められる大まかな「経験」に分けて見ていきましょう!

 

三大介助の経験(スキル)は必須

三大介助とは、食事介助、排泄介助、入浴介助の3つの介助のこと。

 

三大介助とは

食事介助・・・麻痺や痛みがある方などの食事の手助けを行います。食べ物を小鉢によそってあげるだけで大丈夫な方もいれば、食事をスポーンで口まで入れてあげないと食べられない方もいます。

排泄介助・・・オムツの方、リハビリパンツの方のADL(体の動き具合)に合わせてオムツ交換やパッド交換、トイレでの立ち座りなどの介助を行います。

入浴介助・・・入浴時の移動や、洗髪、洗身(洗体)をお手伝いし、特に手の届かないところを洗う介助を行います。決められた日に入浴を行うことが多いです。

 

 

 

移乗介助も必須の経験(スキル)

移乗介助トランスってよく言います)は介護の基本。

ベッドから車イスに移動したり、車イスからベッドに移動したりする介助のことですね。

体の大きな高齢者を移動させるのはかなり力を使いますし、ボディメカニクスを使って上手に移動をさせられるようになっておきたいですね。

 

 

衣服の着脱介助

排泄介助モーニングケアイブニングケアなどの時に衣服を着替えることもありますので、身体が思うように動かない方には着脱介助も行います。

 

着脱の基本ルールは『脱健着患』。

片方の腕や足にマヒが残っているいる方なんかは動かしやすい方から脱いで、着るときは動かしにくい方から着るように配慮します。

 

 

各施設や病院で求められる介護の「経験(スキル)」とは?

施設において求められる大まかな「経験」に分けて見ていきましょう!

特別養護老人ホームで求められる介護の経験(スキル)

  • 移乗介助(特に必須)
  • 排泄介助(特に必須)
  • 食事介助
  • 入浴介助

 

特別養護老人ホーム(特養)では、移乗(トランス)が非常に多いです。

食事のたび、トイレのたびにトランスをすることも多いですので、移乗では少し大きめの身体の人でもボディメカニクスをうまく活用して移乗させたいですね。

 

 

また、基本的に立つことができる人はオムツではなくトイレで排泄を行います。

トイレでの排泄介助やオムツ交換もある程度一人でできると好ましいでしょう。

もちろん、膝折れしてしまうような方には2人で介助に入りますので安心してくださいね。

 

 

 

病院で求められる介護の経験(スキル)

  • 移乗介助
  • 排泄介助(特に必須)
  • 食事介助
  • 入浴介助
  • 清拭(寝たきりの病棟では必須かも)

 

病院では、配属先のフロアにも寄りますが寝たきりの方が多い場合、排泄介助(オムツ交換)が定時に行われます。

基本的には看護師さんが手際よく進めてくれますが、介護士もお手伝いに入ります。

病院の排泄介助は時間で手早くオムツ交換を終わらせるので、2人1組になって高齢者の体の向きを変えながら短時間で行うことになります。

 

 

また、入浴できない寝たきりの方には代わりに清拭(体をタオルでふいてあげる)を行います。

経験がなくても拭いてあげるだけなので大丈夫かと思いますが、経験がない方はYouTubeなどで清拭の流れを見ておくと安心です。

 

みそら
どんな施設でも言えることですが、病院のスピード感に早く慣れるには、ある程度の経験が求められるかもしれませんね

 

 

有料老人ホームで求められる介護の経験(スキル)

  • 移乗介助
  • 排泄介助
  • 食事介助
  • 入浴介助
  • 利用者とのコミュニケーション

 

有料老人ホームは介護度の高い方~自立度の高い方(ADLが高い)まで幅広く入所しています。

ですので、特養や一般病院に比べると、排泄介助や食事介助は楽な部類かと。(施設によっても差がありますが…)

 

 

中には認知症の方でADLが高く、常に歩き回っている方もいらっしゃいますし、お話が好きで介護職員との話を求めている方も少なくありません。

そのため、利用者とのコミュニケーションが取れるかどうかも一種の経験だと言えます。

 

 

デイサービスで求められる介護の経験(スキル)

  • 移動介助(見守り多い)
  • 移乗介助
  • 排泄介助
  • 食事介助
  • 入浴介助
  • 車で送迎

 

デイサービスでは、比較的顔後度の低い方がサービスを受けます。

結構自分で歩ける方も多いので、自分でトイレを済ませたり、食事も自由に食べられる方も多いです。

ただ、移動の際はふらつきがみられる方が多いので、介護士が手をつないで介助したり、見守りをする必要性が高いです。

 

 

あとは介護士に限りませんが、デイサービスでは車での送迎を行う関係で、スキル(免許)として普通自動車免許を運転できる人を求める事業所が多い印象です。(ドライバーを雇ってほしい…とわたしはいつも思っていました)

 

みそら
中には送迎スタッフを雇っている事業所もあります!送迎スタッフがいる事業所は比較的資金に余裕がある消すが多いですので、デイサービスで仕事を探している方は参考にしてみると良いかもしれませんね。

 

 

グループホームで求められる介護の経験(スキル)

  • 移動介助(見守り多い)
  • 移乗介助
  • 排泄介助
  • 食事介助
  • 入浴介助
  • コミュニケーション
  • 料理 ←

 

グループホームは認知症の方が集まって共同生活を送る施設です。

ちょっとした物忘れがある程度の人もいて、比較的「介助」は少ないかと思われます。

その分、入所者とコミュニケーションをとる場面が多いため、認知症の高齢者の尊厳を傷つけないようなコミュニケーション能力は求められます。

 

 

他の施設と大きく違うのが、ほとんどのグループホームで介護職員が食事を作るということ。

買い出しも含めて利用者と一緒に食事の準備をすることもあり、クックパッドで調べながらでも簡単な料理はできるようになっておく必要があります。

 

 

 

何日働けば介護経験あり?働いた日数は介護の経験に関係あるのか

「経験者のみ」って求人があるのだけど、介護の仕事を3ヵ月しかしていない私は経験者に入るのかな?
みそら
いい質問ですね。これは同じことを考える人もいるはず。私もそうでした。

 

 

さて、実際のところ何日働けば『介護経験あり』なのでしょうか?

 

 

 

みそら
答えは・・・『あなたが経験ありと思ったら』です!!

 

 

・・・と言うのも、基本的な介護技術やスキルが身に付いているかは、ご自身が一番わかることだと思います。

3ヵ月働いたからと言って全部の介助が完璧ではないと思いますし、かといって経験がないかと言われれば3カ月はしっかりと経験があるのですから、一応は「経験あり」なわけです。

みそら
ここがあいまいなので、判断が難しいポイントです。というわけで、介護派遣の担当者にこの点を質問してみました!

 

▽▽▽

 

みそら
経験ありと言える人は、どんな条件の方なのでしょうか?

担当

そうですね、まずは無難に三大介助(排泄介助・食事介助・入浴介助)が行えること。あとは移乗介助(トランス)もできると好ましいですね。これができれば基本的には「経験あり」ということで派遣先に紹介させていただいております。

 

みそら
なるほど・・・!

では、何日介護士として働いていれば「経験あり」と言っていいのでしょうか?

担当

はい、実はここは明確に決まっていないんですね。例えば身体介助が多い特養で半年勤務している人と、デイサービスで1年勤務している人では、半年の差があるにもかかわらず特養に勤めている人の方が介護のスキルは身に付いていたりします。ですので、施設によってどんな方を求めるかが変わります。

みそら
とはいえ、目安で「経験あり」と言えるとすると、何日ぐらいが目安になるか教えていただけませんか?

担当

そうですね、大体半年(6ヶ月)ぐらい勤務していれば経験ありと言える方が多いかと思います。ちなみに、私が担当した方の中には、2ヵ月でしっかりと介護のスキルを身に付けて「経験あり」と紹介させてもらった方もいます。

 

…とこんな感じの答えをいただきました!

 

 

 

結局、何ができれば「介護経験あり」と名乗れるか

先ほども紹介しましたが、施設によって求めている介護の経験はちょっと違います。

施設の求めている介護スキルがあるかで「介護経験あり」かを判断してみると良いかと思います。

 

ポイント

・「経験あり」かどうかは半年(6ヶ月)程度が目安

・介護のスキルが身に付いているかが重要

・三大介助は必ず身に付けておきたい

 

 

 

介護士の実務経験が3年あれば介護福祉士を目指せる

特定の介護施設や病院での介護の実務経験が3年以上あれば、実務者研修を受けることで国家資格である介護福祉士の取得が狙えます。

実務者研修介護福祉士の資格があれば、給料アップにもつながりますし、介護士としての説得力も高まります。

 

 

まだ資格を持っていない方や、これから介護の仕事を始めようと思う方は、かいご畑を利用して、無料で介護の資格を取ることから始めてみることをおすすめします。

 

みそら
私も無料で資格を取ることで、介護福祉士の受験要件を満たしました。自分で資格を取ろうとすると10万円前後もかかるので、利用しないと損。

使えるサービスはうまく使っちゃいましょう。

 

かいご畑をみてみる

 

介護職の経験ありって具体的に何ができればいいの?|まとめ

この記事のまとめ

・三大介助や移乗介助(トランス)は大事

・施設によって求める「経験」は異なる

・介護スキルが身に付いているかは自分で判断しよう

・目安は半年(6ヵ月)で経験あり

みそら
参考にしてみてくださいね!

 

かいご畑

 

 

-介護士の働き方

Copyright© 介護のミソラ , 2019 All Rights Reserved.